開高悦子のコレクション

作品

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · | Next»
看板犬ダニエルです!
3Dピクチャー・カリフォルニア会の25周年記念展示会が
いよいよ本日からスタートします。
昨日の搬入と設営が終わり、やっとここまで辿り着きました〜
少しだけご紹介させて頂きます。
トップの作品は、展示室を入ってすぐのところで
看板犬のダニエルが皆様をお迎え致します。
開高悦子の完全オリジナル作品です。
ガラズ張りの展示室1の外側
3Dピクチャーの小作品も楽しい作品を多数展示しました。
展示室2のLEDコーナー
展示室1と展示室2に分けて、大小150点の作品を展示しております。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。
3Dピクチャー・カリフォルニア会
会員一同

ピクチャー・カリフォルニア会 25周年記念展示会DM
この度、3Dピクチャー・カリフォル二ア会の
25周年記念展示会を開催する運びとなりました。
5年ぶり11回目の展示会となります。
緻密なLED作品、和風、洋風、クリスマスのスノーマンシリーズ
Photo3Dピクチャー、ミニ作品シリーズ等々、
100点以上の作品を展示致します。
会場の都合もあり4日間だけの短い会期ですが、
皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。
3Dピクチャー・カリフォルニア会
会員一同

クンタ切手シリーズ けーぷぺんぎん
  • 制作:開高 悦子
  • イラスト:クンタ
2015年の京王プラザホテルでの展示会で発表した
切手シリーズの中の一つです。
背景と近景の2枚の原画を書いて頂いているので
大変作りやすく、綺麗な3Dシャドーボックスアートを
作る事ができます。
暑い夏には、涼しくなる作品を観て頂き、
和んで頂ければ嬉しいです。
イラストレーターのクンタさんの動物シリーズの中の
お気に入りを6点を、テキスト付きのプリントキット
しましたので、興味のある方はご覧下さい。

蓮華に魅せられて・・・ 個展のご案内
個展のご案内

唐草透彫烏帽子形兜
制作:開高悦子
原画:白井成樹

唐草透彫烏帽子形兜(からくさすかしぼりえぼしなりかぶと)
将軍のイラストで有名な白井先生とのご縁から
上杉謙信公の透かし彫り兜を3Dピクチャーに仕立てました。
武者の死装束でもある兜は、
武具でありながら工芸品としても見る事ができます。
戦国時代の武具を制作する職人達の技に改めて感動すら覚えます。
この透し彫り兜は国宝の重要文化財にもなっている程、
有名な兜である事が分かり、紙だけで兜の質感を再現できるか、、、
かなりのプレッシャーを感じながら制作に励みました。
透し彫りの部分は鹿の皮に漆を塗って強化した物で
その質感を出す為に試行錯誤しました。
白井先生が作品を観ながら、そのお顔が見る見る紅潮され
大変喜んで下さった事が、何よりも嬉しい事で、
まさに制作者冥利に尽きる至福の時間でした。

WE LOE THE EARTH
イラスト:KUNTA
制作;3Dピクチャー・カリフォルニア会 共同作品
イラストレーターのKUNTAさんの描く可愛い動物達。
今回、特別に50mm角の切手バージョンにイラストを作り直して
頂き、陸と海に生息する生き物たち24種類を3Dピクチャーに
仕立てました。
額マット部分には、光を通す特殊紙のファンタジーペーパーを
用いてレース模様を組み込みました。
私達の愛する地球。
皆んな皆んな大事な仲間たちです。
彼等のお茶目な表情に癒されながら楽しく制作しました。
この24点の作品は、12月14日(月)から26日(土)まで
京王プラザホテルに3階のロビービャラリーにて展示致します。
お時間の許す方はぜひとも実物を観に来て下さいませ。

The Photographer
制作:開高 悦子
原画:Anton Peck
3Dピクチャーを始めた頃の旧作で、私の原点とも言える
アントンペックの写真屋さんです。
3Dシャドーボックスアートを制作される誰もが知っている作品で
ある意味、この作品の作り方の中に全ての技術の要素が
含まれているのではないかと思われる面白い構図です。
上下左右が手前に持ち上がってくるので、絵の大きさがくるってくる為に
どのようにして自然な立体画にするか・・・
矛盾のない組み立てをアナログで表現する醍醐味がある作品です。
私のクラスでは講師資格を目指す生徒さんは必ず制作
しなければならないカリキュラムの作品の一つで、
生徒さんはこの作品を作り終えると必ず3Dピクチャーに夢中になる
不思議な魅力のアントンペックの写真屋さんです。
オランダの偉大な画家、アントンペックが生きていらしたら
立体画になった作品を観て頂きたかったです。

A Peach of a day
A Peach of a day
制作:開高 悦子
イラスト:Charls Wysocki
懐かしい作品の紹介です。
この作品を創ってから、かれこれ15年前くらいになるでしょうか・・・
“ A Peacn of a day " は駐在していたアメリカのミシガン州を
思い起こさせてくれる作品です。
当時、窓の外の牧歌的な景色と家の中の静物が違和感なく実在するように
工夫して制作しました。が、時を経て観てみると、
今ならもっと違う作り方ができるようになっている事に気付かされて、
ただ今、進化した“Peach of a day " を制作中です。
この作品は2015.4.1〜(水)〜30(木)まで
新宿の京王プラザホテル2F/レストランコリドールにて展示されております。

立ち雛の3Dピクチャー
制作:開高 悦子
定番になっていて教材として生徒さんに人気の立ち雛です。
雛祭りが近づいてくると必ず飾る季節限定の3Dピクチャーです。
額に入っていると汚れないという理由からも、
お手軽に飾る事ができる立体画の季節物は人気です。
従来の作り方にアレンジを加え、背景は印刷されているプリントと同じ
洋紙の無地を使い、金色の台座の上に男雛と女雛をセットしました。
誰からも愛されるお雛さまは日本の伝統として
伝えていきたいものです。

ガーデンデザイナーの三井宣太郎氏とのコラボ作品
3Dアレンジメント:開高悦子
イラスト:三井宣太郎
この作品は、2013年冬に千葉市の三陽メディアフラワーミュージアムにて
展示された作品で、ガーデンデザイナー三井宣太郎氏のデザインしたクリスマスガーデンを
開高悦子が3Dピクチャー(立体画)で再現した物です。
2014年度は3Dシャドーボックスアート展2014の出展作品として
京王プラザホテルの3Fアートラウンジにて展示します。
2014年12月12日(金)〜18日(木)
イチゴのお家の中にLEDを入れて、王子様を待っているイチゴ姫を
照らしました。夢のある可愛い作品です。
新宿にお出かけのついでにお立ち寄り頂ければ幸いです。
 

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · 9 · | Next»

このページの一番上へ