原画作家とのコラボレーション | 3Dピクチャー カリフォルニア アート - 3D Picture California-art -

原画作家とのコラボレーション

原画作家とのコラボレーション 説明

原画作家とのコラボレーションについて

原画作家

ねずみな赤ちゃん

山口 朝子氏プロフィール

  • 〇京都府在住 フリーランスイラストレーター 
  • 〇KFS卒業
  • 〇東京・大阪・京都・兵庫で 個展、グループ展、企画展 開催 
主に雑誌、童話、教育・保育・育児書等のイラスト制作

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

(出会い)
イラストレーターの山口朝子さん
との出会いは当会の講師である中村忍氏から始まります。
中村さんから山口朝子さんの赤ちゃんのイラストを見せて頂いた時、
思わず “わ~可愛い!” っと声がでてしまうほど、その赤ちゃん達は
生き生きとしておりました。
“ビビッときた!”という表現がぴったりだったかもしれません。
頭の中はすぐに3Dのモードになっていて半立体になった可愛い赤ちゃんの3Dピクチャーが想像できました。
私は今まであまり可愛い系の作品は作ってこなかったのですが、今回は違いました。
イラストを見た瞬間、3Dピクチャーにむいていると思いました。
山口朝子さんに3Dピクチャーに仕立てたい旨を連絡をしたところ、気持ちよく了解して頂くことができ、
2007年4月の銀座伊東屋で発表させて頂く事が決まりました。
後から分かったことですが、山口さんは20年前に当会に原画を提供してくれているトリノまさる先生
(河童やLight Houseシリーズでお馴染み)の門下生であることが分かり、
偶然とはいえ何と不思議なご縁かと双方が驚いた次第です。
3Dピクチャーを理解してくださる原画作家に恵まれて、私たちカリフォルニア会のメンバーは幸せ者だと痛感しました。
点と点が繋がってひとつの線となり輪になっていく天の計らいに、皆で乾杯をし喜びを共有できたことは、
私の3Dピクチャー人生の中で最高の思い出になりました。
2007年4月16日、山口さんが銀座伊東屋9階ギャラリーに来場され、
3Dピクチャーになったご自身の分身でもある赤ちゃん達を見て、
“私の赤ちゃん達は3Dピクチャーにしてもらって幸せ者です。”っと言って下さいました。
制作者冥利に尽きるお言葉でした。
赤ちゃんシリーズは会場でも人気があり、多くの方からプリントの注文を頂いておりますので、
改めて皆さんに愛される作品にするためにプロデュースをしていきたいと思っております。
3Dピクチャー・カリフォルニア会 主宰・開高 悦子(2007.4.23)


null

高木 唯可プロフィール

  • 無所属
  • NHK京都文化センター「植物画」講師
  • 京都新聞文化センター「植物画」講師
  • 1984年 京都精華大学造形学部洋画科卒
  • 2001年 第2回池田満寿夫記念芸術賞準入選
  • ‘95~2004年 京都・東京にて毎年個展開催。
  • 2012 第八回大野城版画ビエンナーレ入選
  • 2016 第十回大野城版画ビエンナーレ入選
* * * * * * * * * * * * * * * *
透明水彩絵具にボールペンを使用した独自の画法で植物や生き物を描く。
作品の発表はおもに個展。
花、木、虫、蝶々、などとじっくり対面し、ほんの一瞬、垣間見せる
生き物の表情を美しくやさしく包み込み表現できる豊かな感性の持ち主である。
彼女の絵の中からはいつも詩が聞こえてくるようである。
(出会い)
2002年11月の事です。
銀座にあるカルチャースクールでの講習を終えて、
いつも立ち寄る画廊が気になって入ってみたところ、
水彩画の個展が開催されておりました。高木唯可氏の個展でした。
私は久しぶりに感動する絵に遭遇できた喜びで一杯になりました。
すべての絵からポエムが聞こえてくるのです。
たまたまその時は高木さんが不在でお会いできなかったのですが、
気づいたら私は気に入ったポストカードやカレンダーなどを
かなり買い込んでいました。それほど素敵な絵だったのです。
カレンダーは翌年の2003年のものでしたので毎日のように高木さんの
カレンダーを見つめては、ますますその画風に惚れこんでいきました。
意を決して高木さんに手紙を書き、3Dピクチャーに仕立て発表して良いか
どうかの許可を申し入れましたところ、快いご返事を頂くことができました。
現在カリフォルニア会のオリジナルプリントとして成長し、
全国にファンを増やしている“音楽と言葉”を代表する
Yuka Takagiシリーズは、私の一通の手紙からスタートしたのです。
2004年2月の銀座伊東屋9階ギャラリーで開催した
3Dシャドーボックス・アート展には、はるばる滋賀県から来場くださり
共に喜びを共有できました。
これからも新しいYuka Takagiシリーズのプリントを
プロデュースしていきたいと願っております。


トリノまさる新作

トリノ まさるプロフィール

  • 1945年生まれ
  • 1970年東京芸術大学卒業。1972年同大学院V.D(ヴィジュアル・デザイン)修了。
  • 日本デザイナーセンターを経て、フリーランスとなる。
  • 広告代理店を通じて一流スポンサーのイラストレーションや キャンペンキャラクターを数多く手掛ける。
  • 〔ぴあ〕や日本テレビのキャンペンポスターなどのタレントの似顔絵でも お馴染み。
  • 水彩アーティスト「西丸式人」として個展を毎年開催。
(出会い)
2000年11月のことです。友人の展示会が新宿であり、
帰りに大きな画材屋さんのポストカードの売り場に何気なく立ち寄りました。
その時、何かに吸い寄せられるように私の目を虜にしたのが
青い色彩のカードでした。
これが、後に発表することになった“平成へのかっぱ”シリーズでした。
偶然にもそのカード売り場でトリノ氏のカード担当者と知り合い、
翌年の2001年の個展で発表する許可を得ることができました。
氏の描き方は3Dピクチャーに仕立てやすいように遠近法と逆遠近法が
採用されているので、出来上がった作品には大変奥行きがあり臨場感があります。
その後A3サイズのカレンダーも発表され、
2003年の「第3回世界水のフォーラムin京都」のカッパ研究会のブースで
3Dになったカッパ達を発表し、同年“Give me Water!”を
国連大学UNギャラリー「アフリカの自然と文化展」で出展し好評。
2004年2月より、お茶目なキャラクターの“平成へのカッパ”は
当会のオリジナルプリントとして成長し販売がスタートしました。
カッパシリーズとは別に多才なトリノ氏とのコラボレーションにより、
2005年3月の銀座伊東屋9階ギャラリーで発表した“月輪”も
話題を呼んだ作品となりました。
2013年5月現在、
・カッパシリーズ
・Child連シリーズ
・Light House(灯台の四季)シリーズ
・Cat & Dog シリーズ
・Fake Art シリーズ
と愉快で楽しいプリントキットは、全国の3Dシャドーボックス愛好家の人気を得ております。


The history of MINI
大熊 康夫プロフィール
  • 1961年生まれ。
  • 日本デザイナー学院卒業後フリーランス・イラストレーターとして活躍中。
  • ミニクーパーや1960年代の英国車をモチーフに英国の田舎(時にはロンドンも)を描きその暖みのあるイラストはミニフレークのみならず幅広い層にも親しまれている。


ビリー・ザ・トナカイ

高木 亮氏プロフィール

  • 1971年香川県生まれ
  • 高木氏の切り絵作品の、「かわいくて おかしくて 少しだけ寂しい世界」に惹かれて立体画にする許可を得ました。
  • 2010年の銀座伊東屋展での展示会で高木亮氏の切り絵を、3Dピクチャー(立体画)にして、好評を得ました。


null
クンタ氏のプロフィール
  • 岐阜県生まれ。
  • ニューヨーク・ソサエティー・オブ・イラストレーターズ(SI)会員
  • 日本グラフィックデザイナーズ協会(JAGDA)会員
  • 東京イラストレーターズソサエティー(TIS)会員
  • 3Dピクチャー カリフォルニア会ではクンタ氏の許可を得て
   クンタ氏のイラストを立体画にして展示発表をしております。


null

「切手と私」について・・・

  • 〇3Dピクチャー カリフォルニア会では“世界の切手” を立体画に仕立てています。
  • 〇一流アーティストがデザインした切手は、その国を代表する究極のアートです。そこに着眼して、切手を題材に立体画に仕立て額装しています。
  • 〇日本の切手は有価証券法に引っかかるといけないので、さわらないようにしております。

* * * * * * * * * * * * * * * * * *

30年も40年も前の話ですが・・・
父が切手マニアであったせいか、幼い頃から記念切手の発売日になると
早起きして、近所の郵便局に買いに行く姿を見て育ちました。
浮世絵切手( 日本の記念切手の中ではかなりの大型切手 )の発売日は
もう大変で、いつになく早起きし 朝からそわそわして郵便局の前に並んで
買い求めてきました。
そして後で決まって言うのです。
「悦子 いいだろう!素晴らしいだろう!」と
父の自慢の切手談義が始まるのでした。
収集した切手の解説もよくやってくれました。
小学生だった私は父の嬉しそうに話す姿に相槌は打つものの、
切手の本当の価値などは分かるはずもなく、
心の中で・・また始まった・・くらいに思っていました。
ところが・・・あれから何十年立ったのでしょう・・・
ある日突然走馬灯のように思い出したのです・・・
私が3Dピクチャーを作り始めて15年目のことです。
切手を3Dピクチャーに仕立てたらどうだろうか・・・と
3Dピクチャーを趣味に持つ人は誰でもそうなのですが、
初心者はポストカードサイズから始め、だんだんと大きな絵に挑戦していきます。
大きい作品ができるようになって上級レベルになる訳です。
大型作品=難度と価値が高い これは間違いではありません。
しかし大型作品を創ったあと、今の日本の住環境ではスペ-スが狭く
保管場所の確保が大変です。
そこで、切手を思い出したのです。
『 切手は小さな芸術作品なんだよ 』 という父の言葉です。
切手はその国の一流アーティストの作品がモチーフになっていることに
気づかされました。
それからの私は郵趣協会に入会して、
世界の切手と出合えるさまざまなイベント会場に行っては、
3Dピクチャーに向いている素適な切手と出合うことになった訳です。
今では素晴らしい切手の世界に夢中になっている自分がいて驚いています。
小さな切手を3Dピクチャーに仕立てる時は、めがね式の拡大鏡を使用します。
これさえあればどんなに小さなパーツもカットができ組み立てもできます。
“世界の切手”を3Dピクチャーに変身させることで、
家の中に額仕立ての切手作品を飾ることができます。
小さいのでいくつ創っても場所もとらないし、
季節に合わせて楽しむこともできます。
“切手をインテリアとして見せるアートへ”へと変えていきました。
私を可愛がってくれた父は亡くなりましたが、
きっと空の上から私の創る"3Dピクチャー切手”を見て、目を細めていることと思います。
切手の世界の入り口にはいつも父が立っているのが不思議な今日この頃です。
 
開高 悦子


このページの一番上へ