生徒さんたちのコレクション

作品

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · | Next»
紫陽花猫会議
  • 制作:中村 忍
  • イラスト:栗原 隆司
紫陽花の季節に楽しい猫たちの集会です。
栗原 隆司さんのイラストをモチーフに
3Dピクチャーに仕立てました。
二部作になっており、2010年の銀座伊東屋9Fギャラリーで出展して
好評だった新作です。
尚この作品は、7月4日(日)まで
珈琲マメヤさんのギャラリーで展示中です。
ギャラリーの大きな窓から見沼田んぼの美しい風景と
お茶を楽しみながら、
当会の講師・中村忍の3Dピクチャーの世界を
お楽しみ頂ければ幸いです。

”花水木”
  1.  制作 : 河上 くに子
  2.  原画 : 高木 亮
2010年銀座伊東屋9階ギャラリーで発表した作品で、
切り絵作家・高木亮氏の原画を基に3Dピクチャーに仕立てたものです。
お茶目な黒猫ユメと、大きな犬バルーンが海辺の街を散歩する
シーンは、何とも言えず心豊かな気持ちにさせてくれます。
ユメの上に咲いている白い可憐な花の名前から、
この作品のタイトルは “花水木” と付けられております。
桜の花が散ると、決まっていたかのように花水木が咲き出し、
春本番を迎えます。

ユメとバルーンより(さんぽ)
制作: 白鳥 佳江
原画: 高木 亮(きりえや)
今、銀座伊東屋9階ギャラリーで展示開催している作品です。
黒猫ユメと大きな犬バルーンの物語を3Dピクチャーに仕立てました。
桜の季節は短くはかなく。。。

小さな贈り物・・・
  • 制作 : 白鳥 佳江
2種類のプリントを使い、
雪の妖精の周りに赤と白のポインセチアと
クリスマススティックを飾りにセットして
お洒落に額装しました。
クリスマスの小さな贈り物用に作った3Dピクチャー
可愛くて皆から愛される作品になりました。

バレエのレッスン可愛いな〜
制作 : 3Dピクチャー カリフォルニア会
この作品はイギリスのローゼンスティール社のプリントを
使用して作っております。
可愛いBear達がバレエのレッスンをしている様子を
3Dピクチャーにしていく時に、作り手の私たちも
癒されます。
ご興味がある方は通販でも取り扱っております。
お孫さんに作られる方もおり、人気のプリントです。
詳細ページはこちらです。

まめまめ音楽隊
制作 : 中村 忍   イラスト : うさみ のぶこ
2009年銀座伊東屋で発表した作品です。
見て、聞いて、香る作品は
3DピクチャーFIM(フィン)と命名して発表しました。
フ Fragrance・・・・・・香り
ィ Illumination・・・・・灯り
ン Music・・・・・・・・・音楽
実用新案登録申請中
額のサイドのボタンスイッチを押すと、コーヒールンバが1分間流れます。
小さなスピーカーが額の下方部中央に入れてあります。
灯りは熱の持たないLED(発光ダイオード)を
上部の全体照明と舞台仕掛けにスポットライトにも使用し、
作品全体を照らす仕組みになっております。
額の下の両サイドには本物の珈琲豆とコーヒーの香りの
フレグランスを入れ、
中央には小さなスピーカーを入れてあります。
遊び心とアイデア満載の作品に沢山の拍手を頂きました。
3DピクチャーFIMをこれからも改良して育てていきたいと思っております。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

null
  • 制作 : 野田 和代
シクラメンは冬の花の代表といってよいくらい
さまざまな色と形で美しく部屋を飾ってくれます。
野田さんの制作したシクラメンは
淡い赤紫のなんとも上品な品種です。
背景もオシャレな絵を選び
花びら一枚一枚に命を吹き込みながら
丁寧に仕上げた作品です。
とても紙とは思えなくて本物のシクラメンかと
思えるほど美しく仕上がっております。

null
  • arranged by 河上 くに子
猫好きの河上さんの作品です。
窓辺で外を見ている猫ちゃん達を通して
クリスマスの夜を表現しております。
マットはコンピューターでカットしてあり
遊び心満載です。

カリフォルニアにある名門ゴルフ場 ペベルビーチゴルフクラブの17番ホール
  • 制作 : 加瀬 身子
カリフォルニア・モントレーの17マイルロードに面した
美しい海岸線沿いにあるペベルビーチゴルフ場は
ゴルフ好きの人なら誰でもが憧れる名門ゴルフ場です。
立体にするのには難しい絵柄でしたが、
ゴルフ好きのご主人の為に挑戦されたようです。
グリーンとバンカーとの凹凸や波しぶき等、
臨場感がでた作品です。

Embellishedores
  • 原画 :作者不詳
  • 制作 : 松原 比佐子
   
薔薇の美しい季節の到来です。
3Dシャドーで表現するのに最も難しい花が薔薇です。
果敢に挑戦した松原比佐子さんの作品です。

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · | Next»

このページの一番上へ