MINIコレクション

miniギャラリー説明

思い出ある小物や写真の展示スペースです。

作品

«Prev || 1 · | Next»
おもちゃカボチャとベトナムのお人形
収穫の季節を迎えました。
暑い暑い夏を乗り切って、新サツマイモや新里芋が出回り
食卓が賑やかです。
本当は新サツマイモを買いに行ったのですが、
1個100円で “おもちゃカボチャ” を販売していたので
あまりの可愛さに3個GETしてきて、仕事場にディスプレイしました。
ベトナムの木彫りのおもちゃをカボチャの間に立たせたら
妙に可愛くて和んでいます。
ささやかなささやかな自分への癒しです。(悦)

夏のカード
このカードはパーチメントクラフトを習い始めた頃の作品なので
とても下手で恥ずかしいのですが、涼しい絵柄が気に入っております。
パーチメントクラフトは厚手のトレーシングペーパーに下絵を描いて、
それをエンボス加工(こすって膨らみを持たせる)をし、
特殊なハサミと専用針で様々な模様を入れながらカットを施し、立体的に見せるペーパークラフトです。
3Dピクチャー作品の額装に取り入れたり、アイデア次第で色々な楽しみ方ができます。
小さなパーツひとつにも愛情を注ぎ命を与えながらエンボスをしていくと
紙とは思えないほど表情豊かなカードになります。
額装しようと思っていたのですが、カードのまま7年が経過してしまいました。
昔の作品を見るとその頃の自分のレベルを知ることにもなります。
パーチメントクラフトは習っても習っても奥が深く興味がつきません。
忙しいですが、細く長く続けていきたいと思っております。
なかなか涼しくならないので、このカードをみて気持ちだけ涼んで頂ければ幸いです。(悦)

寄り添うおしべは恋人同士のようです・・・
デジタル一眼レフのマクロレンズで花の花心を撮影することが趣味なのですが、
時々、肉眼では想像できないような素敵な世界を垣間見ることができます。
アルストロメリアの花心を撮影したところ、おしべが寄り添い
まるで恋人同士のようでした。
道ばたに咲いている花にもすごいドラマがあり、
パソコンに繋いで画面が現れた時の驚きと喜びが忘れられず
汗をかきかき写真道を歩いております。(悦)

残暑お見舞い申しあげます
毎日蒸し暑い日が続いて大変な2005年の夏です。
お身体呉々もお大事にお過ごしください。
ホームページを訪問して下さった皆様へ
少しでも涼やかな気分になって頂きたく
先日撮影した画像をお届けいたします。
貝殻は一昨年訪れた岡山県の六口島の砂浜で
拾ったものです。(open-high)

マキナックアイランドのスーベニアベル
このベルのデザインおしゃれだと思いませんか?
灯台をベルの取っ手にする発想が素晴らしいと思います。
ずいぶん前の話ですが、
ミシガン州に駐在していた頃に2回訪れたマキナックアイランドのお土産のベルです。
この島は五大湖の一つであるヒューロン湖に浮かぶ小さな島で、紺碧に輝く湖は
たとえようのない美しさです。
島のルールでガソリンを使う車の乗り入れは一切禁止でなので、
対岸のマキナウシティーから船で渡ります。島にあるのは馬車と自転車だけです。
200年前の古き良き時代のアメリカを再現したようなタイムスリップを楽しむことができます。
島の高台から眺めたヒューロン湖の青い世界を今も鮮明に覚えております。
私が今まで見た風景のベスト3に入るスポットです。
マキナックアイランド・・・ もう一度訪れたい憧れの遠い島です。

Giftbox
制作 : 開高 悦子
パーチメントの教室で習ったお気に入りのGiftboxです。
中央のパンジーの花と葉は3Dに仕立ててあり、清楚なライトグリーンのベースと調和しております。
厚手のトレーシングペーパーを加工をすることで、立体の小物を作れるところがパーチメントクラフトの魅力でもあります。

null
坂の街、霧の街、サンフランシスコは
何回訪れても飽きることのない思い出の街です。
このベルを見ると今は亡きBrenda Leeの大ヒットソングである
“わが心のサンフランシスコ”を思い出します。
歌を連想させるベルです。
■I left my haert in San Francisco
I left my heart in San francisco
High on the hill it calls to me
To be where lettle cable cars
Climb halfways to the stars
The morning fog may chill the air
I don't care
My love waits there in San Francisco
Above the blue and windy sea
When I come home to you San Francisco
Your golden sun will shine for me

フロリダのBELL
ベルの上のペリカンを見るたびに、フロリダを
旅した時のことが懐かしく思い出されます。
ペリカンさんにたくさん遭遇しました。
くちばしの部分が壊れてしまい、ちょっと残念!

«Prev || 1 · | Next»

このページの一番上へ