山口 朝子

山口 朝子氏とのコラボレーション

ねずみな赤ちゃん

山口 朝子氏プロフィール

  • 京都府在住 フリーランスイラストレーター 
  • KFS卒業
東京・大阪・京都・兵庫で 個展、グループ展、企画展 開催 
主に雑誌、童話、教育・保育・育児書等のイラスト制作

出会い

(出会い)
イラストレーターの山口朝子さん
との出会いは当会の講師である中村忍氏から始まります。
中村さんから山口朝子さんの赤ちゃんのイラストを見せて頂いた時、
思わず “わ~可愛い!” っと声がでてしまうほど、その赤ちゃん達は
生き生きとしておりました。
“ビビッときた!”という表現がぴったりだったかもしれません。
頭の中はすぐに3Dのモードになっていて半立体になった可愛い赤ちゃんの3Dピクチャーが想像できました。
私は今まであまり可愛い系の作品は作ってこなかったのですが、今回は違いました。
イラストを見た瞬間、3Dピクチャーにむいていると思いました。
山口朝子さんに3Dピクチャーに仕立てたい旨を連絡をしたところ、気持ちよく了解して頂くことができ、
2007年4月の銀座伊東屋で発表させて頂く事が決まりました。
後から分かったことですが、山口さんは20年前に当会に原画を提供してくれているトリノまさる先生
(河童やLight Houseシリーズでお馴染み)の門下生であることが分かり、
偶然とはいえ何と不思議なご縁かと双方が驚いた次第です。
3Dピクチャーを理解してくださる原画作家に恵まれて、私たちカリフォルニア会のメンバーは幸せ者だと痛感しました。
点と点が繋がってひとつの線となり輪になっていく天の計らいに、皆で乾杯をし喜びを共有できたことは、
私の3Dピクチャー人生の中で最高の思い出になりました。
2007年4月16日、山口さんが銀座伊東屋9階ギャラリーに来場され、
3Dピクチャーになったご自身の分身でもある赤ちゃん達を見て、
“私の赤ちゃん達は3Dピクチャーにしてもらって幸せ者です。”っと言って下さいました。
制作者冥利に尽きるお言葉でした。
赤ちゃんシリーズは会場でも人気があり、多くの方からプリントの注文を頂いておりますので、
改めて皆さんに愛される作品にするためにプロデュースをしていきたいと思っております。
3Dピクチャー・カリフォルニア会 主宰・開高 悦子(2007.4.23)

作品

かしわ餅
- 制作:開高 悦子
- イラスト:山口 朝子
京わらべシリーズ "かしわ餅”に寄せて・・・
京都在住のイラストレーターの山口朝子さん
和菓子の妖精を描いて下さいとお願いして出来上がったのが
こちらの作品です。
かしわ餅のあんこをお腹いっぱい食べて、
お餅の上で眠ってしまったというストーリーが可愛くて
人気のプリントです。
3Dシャドーボックス用に加工しやすいプリントになって
通信販売もしております。

辰な赤ちゃん
制作:神崎 身子
イラスト:山口 朝子
今年の干支は辰です。
そこで、赤ちゃんのイラストで有名な山口朝子さん
干支な赤ちゃんシリーズより、“辰な赤ちゃん” の
3Dピクチャーの紹介をさせて頂きます。
十二支全部が揃っていて
とにかく可愛い赤ちゃん達です。
切り方図付きですので、簡単に作る事ができます。
ご興味のある方は通販のページをご覧下さい。
誕生のお祝いに小さな額にアレンジして入れて差し上げたり、
お子様のお写真と一緒に額装したりと大変喜ばれております。
ほっこりと心和む3Dピクチャーを
貴女も作ってみませんか?

2008年の干支は子(ねずみ)です
制作 : 黒田 久恵    イラスト : 山口 朝子
新年おめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
2008年の最初を飾るのは
赤ちゃんのイラストでお馴染みの山口朝子さん
干支な赤ちゃんシリーズより、子(ねずみ)な赤ちゃんです。
当会のオリジナルプリントとして大人気の干支シリーズです。
そこで、ねずみがなぜ十二支の先頭にくるかを調べてみました。
ちょっとおもしろいのでご紹介致します。
        * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
昔々の大昔のある年の暮れのこと、神様が動物たちにお触れを出したそうな。
「元日の朝、新年の挨拶に出かけて来い。一番早く来た者から十二番目の者までは、
順にそれぞれ一年の間、動物の大将にしてやろう」
動物たちは、おらが一番とて、めいめいが気張って元日が来るのを待っておった。
ところが猫は神様のところにいつ行くのか忘れてしまったので、ねずみに訊くと、
ねずみはわざと一日遅れの日を教えてやった。
猫はねずみが言うのを間に受けて、喜んで帰っていったと。
さて元日になると、牛は「おらは歩くのが遅いだで、
一足早く出かけるべ」とて夜のうちから支度をし、まだ暗いのに出発した。
牛小屋の天井でこれを見ていたねずみは、ぽんと牛の背中に飛び乗った。
そんなこととは知らず、牛が神様の御殿に近付いてみると、まだ誰も来ていない。
我こそ一番と喜んで待つうちに門が開いた。とたんに牛の背中からねずみが飛び降り、
ちょろちょろっと走って一番になってしまった。
それで牛は二番、それから虎、兎、龍、蛇、馬、羊、猿、鶏、犬、猪の順で着いた。
猫は一日遅れで行ったものだから番外で仲間に入れなかった。
それでねずみを恨んで、今が今でもねずみを追い回すのだそうな。
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
子年に生まれた赤ちゃんの為にデザインした作品です。
生まれてきた赤ちゃんの写真を入れるとよい記念になります。

着ぐるみを着た十二支の赤ちゃん達
  • イラスト : 山口 朝子
  • 制作 : 開高 悦子と仲間達
京都在住の素敵なイラストレータの山口朝子さんの協力のもと、
可愛いい干支の赤ちゃんシリーズを3Dピクチャーに仕立てました。
2007年4月の銀座伊東屋展にて発表したカリフォルニア会の
共同作品で、Welcome Babyというタイトルをつけ発表しました。
中央のドイリーの部分はパーチメントクラフトの技法を使い、
厚手のトレーシングペーパーをデザインし、模様を施しました。
文字はパソコンで作り、一文字づつをカットしてエンボス加工を加え貼ってあります。
作品を見てくれた人だけではなく、作品を作った私達も作りながら癒され、
優しい母性を思い起こさせてくれたような気がしました。
尚、干支の赤ちゃんシリーズは、子・牛・虎・兎・辰・巳・馬・羊・申・酉・犬・亥の12人を
はがきサイズでも作り発表し、好評でした。
皆さんに愛される作品に成長していきますよう願っております。(悦)

生まれて きてくれて ありがとう
  •  イラスト :山口 朝子    制作 : 開高 悦子
2007年4月の銀座伊東屋展で発表した作品です。
イラストレーターの山口朝子さんの作品を3Dピクチャーに
アレンジし、赤ちゃんの写真が裏から入れられるように
デザインしました。
画像の赤ちゃんは講師のTさんのお孫さんです。
山口さんのイラストは “命・・・”をテーマに
描かれているものが多く、
観ているだけで心が温かくなり和んできます。
“生まれて きてくれて ありがとう” 
何て素敵な言葉でしょう!
母の胸に抱かれた赤ちゃんの寝顔は天使そのものです。
この世に生を受けた全ての赤ちゃんが健やかに成長しますように・・・と
心を込めて作品を作りました。
出産のお祝いに最適な作品です。
テキスト付プリント5枚セットで販売しております。

このページの一番上へ