トリノまさる

トリノ まさる氏とのコラボレーション

トリノまさる新作

トリノ まさるプロフィール

  • 1945年生まれ
  • 1970年東京芸術大学卒業。1972年同大学院V.D(ヴィジュアル・デザイン)修了。
  • 日本デザイナーセンターを経て、フリーランスとなる。
  • 広告代理店を通じて一流スポンサーのイラストレーションや キャンペンキャラクターを数多く手掛ける。
  • 〔ぴあ〕や日本テレビのキャンペンポスターなどのタレントの似顔絵でも お馴染み。
  • 水彩アーティスト「西丸式人」として個展を毎年開催。
(出会い)
2000年11月のことです。友人の展示会が新宿であり、
帰りに大きな画材屋さんのポストカードの売り場に何気なく立ち寄りました。
その時、何かに吸い寄せられるように私の目を虜にしたのが
青い色彩のカードでした。
これが、後に発表することになった“平成へのかっぱ”シリーズでした。
偶然にもそのカード売り場でトリノ氏のカード担当者と知り合い、
翌年の2001年の個展で発表する許可を得ることができました。
氏の描き方は3Dピクチャーに仕立てやすいように遠近法と逆遠近法が
採用されているので、出来上がった作品には大変奥行きがあり臨場感があります。
その後A3サイズのカレンダーも発表され、
2003年の「第3回世界水のフォーラムin京都」のカッパ研究会のブースで
3Dになったカッパ達を発表し、同年“Give me Water!”を
国連大学UNギャラリー「アフリカの自然と文化展」で出展し好評。
2004年2月より、お茶目なキャラクターの“平成へのカッパ”は
当会のオリジナルプリントとして成長し販売がスタートしました。
カッパシリーズとは別に多才なトリノ氏とのコラボレーションにより、
2005年3月の銀座伊東屋9階ギャラリーで発表した“月輪”も
話題を呼んだ作品となりました。
2013年5月現在、
・カッパシリーズ
・Child連シリーズ
・Light House(灯台の四季)シリーズ
・Cat & Dog シリーズ
・Fake Art シリーズ
と愉快で楽しいプリントキットは、全国の3Dシャドーボックス愛好家の人気を得ております。

作品

降る雪や のの字のの字の 湯のけむり
  • 制作 : 黒田久恵

秋ふかし おいらはひとり 旅支度
  • 制作:中村 忍
  • 原画:トリノまさる
秋ふかし おいらはひとり 旅支度
カッパシリーズでお馴染みのトリノ先生のイラストを
当会の講師の中村忍が制作した作品です。
中村さんと言えば“カッパ”と言われるくらいに
トリノ先生の描くカッパの世界(KAPPARADAISE)の
全作品を3Dピクチャーに再現されと事でも知られています。
その中村さんがこんなに早くに本当に旅立ってしまうとは・・・
        ******************
ここからは中村忍氏の事を紹介させて頂きます。
3Dシャドーボックスアートは圧倒的に女性の愛好家が多いのですが、
そんな中で、当会の男性講師として活躍していた中村さんが
2015年10月18日 午前4時40分 旅立たれました。
享年74歳でした。
この作品を作られてから10年は経ちますが、作品画像を見ながら
中村さんと共に歩いてきた沢山の出来事を思い出しています。
中村さんが私の作る3Dピクチャーに共感してくれて
生徒さんになったのは1999年の事で、彼が58歳の時でした。
亡くなるまでの16年の歳月の中で、
中村さんが作った作品数の多さは驚く程でした。
彼の口癖は、兄弟姉妹全員が癌で60歳までに亡くなっているので、
自分に残された寿命は2年しかない。だから人の3倍頑張る!と、
いつもそんな事を言って、本当に同じ作品を3〜4個ずつ作っていました。
生来、手先の器用な方でしたので、
水を得た魚のように、その成長ぶりは著しく驚く程でした。
緻密な「3APのアントンペックの写真屋さん」を3作品作ったのには
驚きでした。
講師資格も最短の5年で取得されたのは言うまでもありませんした。
当会の展示会と銀座伊東屋での3Dシャドーボックスアート協会の
展示会にも毎回出展されていて、ユニークかつ緻密な作品創りには
定評がありました。
また展示会の裏方としても、搬入・設営・搬出と
いつも最後まで私の手伝いをして支えてくれました。
いまでも忘れられない思い出は、2011.3.11の震災直後の銀座伊東屋展。
展示会の開催日が3月14日だったので、前日の13日に設営をしなければ
ならなくて、この時に車を出してくれたのは中村さんでした。
震災の直後で皆さんが普通の精神状態ではなく、
自分の事しか考えられなくなっている人が多い状態でした。
そのような状況の中でしたが、中村さんは違う会派の作品で
おじぎをしてしまい綺麗に展示できない作品の額のフックの
付け替え作業の全てを黙々とやってくれました。
皆さんが帰られてしまい、残ったのは我々だけで、
銀座を出たのは夕刻になっていました。
その時は我々が帰宅難民になるとは思いもしなかったのですが、、、
中村さんと私ともう一人若い講師と、
埼玉に向かう車中で色々な事をおしゃべりしました。
誰が見ていようがいまいが、銀座伊東屋での展示会の
縁の下の力持ちになってくれた事に対して感謝の気持ちを
伝えると、3Dピクチャーに出会えて皆さんの仲間になれた事が
嬉しいので、どんなお手伝いも苦ではないと言ってくれました。
後で、すごい渋滞とガス欠が待っていて大変な思いをしたので、
今でも2011.3.11直後の伊東屋展は忘れられない記憶として
残っています。
その時の彼の行動の全ての精神はしっかりと若い講師に引き継がれました。
展示会の縁の下の力持ちの存在の大きさ。
中村さんは作品の素晴らしさだけではなく、大きな背中で教えてくれました。
“人の為にしてあげた事は必ず返ってくる。
 自分に返ってこなくても子供や孫に返ってくるから、それでいい。”
 これが彼の持論でした
 
昨日、中村宅を弔問し、氏に会ってきました。
眠っているように安らかで、素晴らしい成仏の相でした。
奥様からはやりたい事をやって逝ったので、「よい人生でした・・・」と。
私は彼の冥福を祈ると共に、
後に続く展示会の事(遺作展)は私がしっかりと立ち上げるから
心配しなくて大丈夫と、彼に話しかけて頭と頬を撫でてあげました。
私にとっては同志でもあり兄のように優しい人でした。
私には彼の作品を沢山の方達に観て頂く使命があり、
早速に彼の個展のお手伝いの準備に入っています。
通夜と葬儀会場にも作品の一部が展示される事になりましたし、
来年の2月28日〜4月29日まで、中村忍の個展が2ヶ月間に渡り、
蕨市の民俗資料館にて大々的に開催されます。
2015年12月の新宿京王プラザのアートロビーには
彼の新作であるLED作品“おめでとう!東京五輪2020”を
遺作として出展致します。
皆様、彼の作品をご覧になって癒されて下さい。
きっと天国の中村さんが喜んでくれます。
最後になりますが、生前、中村忍と親しくして下さいました
関係各位の皆様にこの場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました。
3Dピクチャー・カリフォルニア会
主宰 開高 悦子

美しき青きドナウ(皿の巻)
  • 制作:中村 忍
  • 原画:トリノまさる
トリノまさる氏のカッパシリーズの中でもユニークな作品で
無くした頭のお皿をコンピューターで探しているという
ストーリーです。
通常の3Dピクチャーを大胆にアレンジして、
コンピューターの中にもLEDを入れて点滅させています。
地球を飛び立った宇宙船に乗った“平成へのカッパ”の
行方は?
何時までも美しく青き地球でありますように・・・との
原画作家の願いを3Dピクチャー(立体画)として表現した
当会の名物男性講師の中村忍のお茶目な作品です。

雨あがり(コースターバージョン)
♪ 雨あがり ♪
制作:野田 和代
原画:トリノ まさる
当会のオリジナルプリントでおなじみのトリノまさる先生の
“雨あがり”が人気です。
Chired連シリーズの女の子バージョンは後ろ向き姿なので
「こっち向いて!」と声をかけたくなります。
コースターに入れたのでテーブルの上でも使えますし、
裏側に写真を入れる事もできるので、制作者はお孫さんの
可愛い写真をいれて楽しんでいます。

こいのぼり(Child蓮シリーズより)
 制作 : 開高 悦子
 原画 : トリノ まさる
こいのぼり (Child連シリーズより)
男の子の健やかな成長を願い水彩画家のトリノまさる先生に
描いて頂いた絵をモチーフにしております。
水から飛び出て、上に上にと登っていく鯉と、
その鯉に必死でつかまり、
赤い腹掛けをした男の子が人気です。
日本昔話のひとこまのようでもあり、
男の子の誕生祝いや初節句のお祝いにも最適です。
プリントはLサイズとSサイズの2種類あり、
それそれにプリント5枚とテキストを付けております。
通販でも人気のキットです。
ご興味がおありの方はこちらをご覧になって下さい。

祝・かんれき
制作:田辺 さと子
原画:トリノまさる
祝・かんれき
Cats & Dogs シリーズの中の一つで
とても人気がある作品です。
にゃん子の持つリボンが数字の6を描いてあり、
ワンのフープの輪が0を意味しているので、
二人を合わせて60になります。
何ともお茶目で可愛いくて笑えます。
還暦世代を アラカン というそうですが、
アラカン世代だけなく、誰からも愛されるプリントに
成長して嬉しい限りです。
ご興味のある方は通販のページをご覧下さい。

THE COLLECTION OF FAKE ARTS
制作:3Dピクチャー・カリフォルニア会
イラスト:トリノまさる
トリノまさる氏の Fake Art Collection の中から
3Dピクチャーに仕立て易い8種を選び、
“世界の名画を3Dピクチャー”に仕立てました。
このたび、今までの人気の3種に加え5種類の名画のFake Artを発表し、
全てのプリントに詳細なテキストを付けて販売をスタートします。
2013年5月11日より、京王プラザホテル3階ロビーギャラリーで開催する
“3Dシャドーボックスアート展2013”でお披露目します。
詳しい情報は、通販のページに更新しましたのでご覧下さい

Cats & Dogs シリーズを発表しました
 2012年7月18日(水)〜25日(水)まで
銀座伊東屋9Fギャラリーで開催しました
3DSBA展は大盛況の裡に終了いたしました。
ご来場下さいました皆様へ心より御礼申し上げます。
2012年 3Dピクチャー カリフォルニア会は
トリノまさる氏の “Cats & Dogs” を中心に発表しました。
擬人化した9点の “ニャンワン物語” の3Dピクチャーは
見る人を一気に癒しと笑いの世界に誘う事ができ、
制作者一同、楽しい展示会を満喫しました。
Cats & Dogs キャプションを紹介します。
展示会の様子は3DSBA協会のホームページから
スライドショー でご覧頂けます。
また作品の紹介はYou Tube で動画配信しておりますので
お楽しみ頂ければ幸いです。

Cats & Dogs シリーズ(出逢い)
3Dシャドーボックスアート展 2012 の作品の中から
20点を選び、YOU TUBEで紹介しております。
3Dピクチャー・カリフォルニア会はトリノまさる氏の
Cats & Dogs シリーズ10点他、高木唯可氏の新作を
発表しました。
上の画像は 黒田久恵 制作 : “出逢い” です。
カフェ “ノラ” で出逢ったニャンコとワンコの恋の行く末を
3Dピクチャーに仕立てストーリー展開して展示しております。
お立ち寄り頂ければ嬉しいです。

Light House  " Spring "
制作 : 開高 悦子
原画 : トリノ まさる
水彩画のトリノまさる氏とのコラボレーションで
発案した2枚の原画を使用した作品です。
絵を描く段階から立体画を創るというコンセプトをもち
遠景と近景とを分けて描いて頂くことにより
海と空の時空間に風が吹き抜けていく爽やかさを追求しました。
3Dシャドーをつくる場合、
海や空だけはどんなに頑張っても画像を消すことはできません。
例えばこの絵の場合、
一枚の絵ですと猫やタンポポが海の部分にも存在していることになります。
それを遠景と近景とに分けた画像があれば
手前にある物体が海や空に映りこむことなく
美しい立体画を構築していくことが出来るわけです。
海と空をモチーフにした美しい水彩画を立体画にしたい
という私の長年の課題を今回のプリントで実現できました。
美しい色彩のグラデーションが遠近の効果をより一層高めており、
従来では表現出来なかったすっきりした立体画です。
ご興味ある方は通販のページで詳しく紹介しております。

雨あがり
制作:開高 悦子
原画:トリノ まさる
Child連シリーズの女の子バージョンで人気の作品 “雨あがり”です。
雨が上がるのを待ちわびていた少女の喜びが
後ろ姿から伝わってきます。
作り手の私たちも作りながら癒され、
また小作品なのでプレゼントとしても喜ばれます。
マット部分はラメのシールを貼って可愛らしく装飾しました。

2枚原画で作る楽しい3Dピクチャー
  • 制作:開高 悦子
  • 原画:トリノ まさる
作るのも見るのも楽しくなる3Dピクチャーを
プロデュースしました。
Child蓮シリーズの女の子バージョン
小さな女の子が一番可愛い仕草をする時ってどんな時か
3歳児をお持ちの若いママさんに聞いたところ、
オシャレをして鏡に写った自分の姿を見て、
にっこり微笑んでいる時と伺いました。
そこで、背景の鏡に映った女の子の絵と
近景となる後ろ向きの女の子の姿を別々に描いて頂きました。
中間に猫ちゃんを入れたことで余計に奥行き感がでました。
思わずクスッと笑ってしまう3Dピクチャーの誕生です。

ひと泳ぎ
  • 制作 : 開高 悦子
  • 原画 : トリノまさる
切手バージョンに仕立てた小作品です。
カッパのひと泳ぎ、水の中は気持ちよさそうですね。
ちょっと笑える可愛い作品で、
机の上において和んでいます。
小さな3Dピクチャー作品はすぐに作れて
プレゼントにも最適です。(悦)

メタボリックな踊り子です
  • 制作 : 開高 悦子   原画 : トリノまさる
2007年4月、銀座伊東屋9階ギャラリーで発表した
“踊り子”で、トリノまさる氏のFake Artシリーズの中の一つを
3Dピクチャーに仕立てたものです。
踊り子のスカート部分は薄手のベラム紙を使用して
チュチュを作ってみました。
チュチュの透け感をだしたかったので一番苦心したところです。
本物のドガの絵はとてもスリムな踊り子ですが、
Fake Art の踊り子はふとっちょの可愛い踊り子で
大根足です。
LEDで照明効果を狙ったので、踊り子が
今にも絵から飛び出してきそうです。
トリノ氏の付けた別名は “私を止めて!” なんです。
笑って頂ければ嬉しいです。

モナリチャ
  • 制作 : 黒田 久恵  原画 : トリノ まさる
2007年4月の銀座伊東屋での展示会で発表して
人気だったモナリチャです。
この作品はトリノまさる氏の Fake Art シリーズの中の一つを
3Dピクチャーに仕立てたものです。
ハガキサイズのプリントを人物だけではなく、
プリントされている額縁も本物そっくりにカードを利用して作りました。
作品を見た人は誰もが本物の木製の額と錯覚したようです。
それがFake Art なのです。
Fakeとは英語で偽物とかだますとかの意味があります。)
出来上がった作品をおしゃれな縦長の額に入れて、
LED(発行ダイオード)を使い美術館のような照明効果で作品を照らしました。
素敵な額装とおもしろい3Dピクチャーとのアンバランスを
ねらったオリジナル作品です。
思わず笑みがこぼれる面白可笑しい作品に仕上がりました。
カードに興味がある方はこちらで紹介しております。

青い地球よ いつまでも
  • 制作 : 開高 悦子

おいらの家族1
  • 制作 : 開高悦子

カッパファミリーのプロフィール

まとまりのない4人家族だが、
自然を愛しスローライフな日々を楽しんでいる。

へのカッパ

酒とキュウリと温泉が大好きな
根っからのなまけもの。

スリッパ

ふまれる運命とはうらはらに夢は大きな
おチビちゃん。

オカッパ

おちゃめでおませでおちょうしもの。
スリッパの姉。

ラッパ

バラバラな家族をラッパの
一拭きでまとめる技あり。

初夢は 一富士二鷹 三きゅうり
  • 制作 : 中村 忍

春の池 ひねもすのんだり のまれたり
  • 制作  : 開高悦子

古池や 蛍とびこむ 盃の中
  • 制作 : 開高悦子

Lonely Moon Sake
  • 制作 : 開高悦子

Nice Holiday / Looking Nice
  • 制作 : 開高悦子
小作品を横長の二つ窓の額装にしました。
とても人気があります。

Big Wave
  • 制作 : 開高悦子

おいらのヴェルサーチ
  • 制作 : 開高悦子

Give me Water!
  • 制作 : 開高悦子
体験レッスンにぴったりです。
作品を入れるケースはなんと10mm厚のMDケースなんです。
MDケースを額代わりに応用したところ低価格で提案することができ喜ばれております。

このページの一番上へ